大きなニュースになっているので既にご存知の方も多いかと思いますが、レノボ社が販売するWindows搭載パソコンとタブレットの一部機種に「Superfish(スーパーフィッシュ)」というセキュリティー上問題があるソフトウェアがプリインストールされていました。

Superfishとはユーザーのショッピング体験を向上させることを目的に、利用環境にマッチした最適な広告を表示するためのソフト(アドウェア)になります。

問題はこのSuperfishによって、ユーザーが望まない広告が勝手に表示されたり、セキュリティ証明書を使ってHTTPS(暗号化ページ)による通信を傍受されるリスクがあった点です。

レノボ・ジャパン社でも「SUPERFISHに関するレノボの見解」と「SUPERFISHのアンインストール方法」の2つのページを発表していますので、一度ぜひチェックしてみてください。ちなみに、当サイトで紹介しているレノボ社の“ThinkPad”シリーズにはSuperfishはプリインストールされていないとのこと。

非光沢ノートパソコンの多くはThinkPadシリーズのものが中心となるため、当サイト経由でレノボ・ショッピングを訪問し、ThinkPadを購入された方はおそらくは大丈夫だとは思います。

ただ念のため、下記のsuperfishがインストールされているかどうか簡単に検査できるページでチェックしてみてください。ページを開いて10秒ほど待ち、「Good, Superfish is probably not intercepting your connection」と表示されれば大丈夫です。

https://filippo.io/Badfish/

Superfishが搭載されて出荷されたモデルは、モデル名の頭に「Lenovo」が付く下記型番の製品になります。日本未発売のものが中心ですが、友人から譲り受けた方などは念のためモデル番号と照らし合わせて確認してみてください。

G シリーズ: G410, G510, G710, G40-70, G50-70, G40-30, G50-30, G40-45, G50-45
U シリーズ: U330P, U430P, U330Touch, U430Touch, U530Touch
Y シリーズ: Y430P, Y40-70, Y50-70
Z シリーズ: Z40-75, Z50-75, Z40-70, Z50-70
S シリーズ: S310, S410, S40-70, S415, S415Touch, S20-30, S20-30Touch
Flex シリーズ: Flex2 14D, Flex2 15D, Flex2 14, Flex2 15, Flex2 14(BTM), Flex2 15(BTM), Flex 10
MIIX シリーズ: MIIX2-8, MIIX2-10, MIIX2-11
YOGA シリーズ: YOGA2Pro-13, YOGA2-13, YOGA2-11BTM, YOGA2-11HSW
E シリーズ: E10-30