Windows 10の発売日が2015年7月29日に決定したとマイクロソフト社が6月1日に発表しました。これからの2か月間、最新のOS「Window 10」を搭載した非光沢ノートパソコンが続々と発表・発売されることが予想されます。

またWindows 10の無料アップグレード予約もスタートしました。Windows搭載パソコンを使用されている方は画面右下の通知領域に「Windows 10 を入手する」というアイコンが表示されているはずです。

このアイコンをクリックするとWindows10無料アップグレードの画面が表示され、事前予約を行うことが可能になっています。予約リンクをクリックするとアップグレード予約は即完了します。

7月29日の利用可能日になると、Windows10は自動でダウンロードされるとのこと。ただし、ダウンロードされたWindows10をインストールするタイミングは選べるようです(下記画面参照)。

Windows 10無料アップグレード予約

これまで数多くのOSをリリースしてきたマイクロソフト社ですが、Windows10は史上初めて「リリース後1年間の無料アップグレード期間」が用意されています。

Windows7やWindows8を搭載した非光沢ノートパソコンを利用されている方であれば、Windows10リリース日から1年後の2016年7月末頃まで無料でアップグレードできます。

Windows7搭載のノングレア液晶ノートPCを使っている当サイト管理人は、とりあえずWindows10の無料ダウンロードは予約しました。ただ実際にWindows10をインストールして利用するのは、バグやエラーも怖いので2016年に入ってからになると思います。

自分のように新しいOSをすぐ利用するのは不安だという方は、おそらく7月29日以降もネット通販でWindows7やWindows8搭載の非光沢ノートを購入できるはずですので、年内はWin7かWin8搭載PCを選ばれることをオススメします。

ただマイクロソフト社は「Windows10搭載パソコンを2~3年以内に世界で10億台以上にする」と強気の目標を掲げていますので、これまでのOSより使い勝手もよく、また改良も迅速に行われる事が予想されます。

ですので、そこまでOSのバージョンにこだわりが無い方は、2015年7月29日のWindows10発売日に無料アップグレードしてしまっても良いと思います。