ガチでセキュリティな夜 produced by トレンドマイクロ

2015年8月21日(金)夜、赤坂ガーデンシティでプログラミングもできるギーク女優の池澤あやかさんと、人気ウェブライターのヨッピーさんが登壇されたトークイベント『ガチでセキュリティな夜』が開催されました。

主催は総合セキュリティソフトの「ウイルスバスター クラウド」を販売するトレンドマイクロ社です。パネリストとして登壇されたのはヨッピーさんと池澤さん、そしてトレンドマイクロ社の森本さんと木野さんの4名。

ヨッピーさんと池澤あやかさんとトレンドマイクロの御二方

コンピューターウイルスやウイルス対策ソフトの歴史という固いテーマのイベントながら、軽快で爆笑ポイント満載なヨッピーさんのトークと、池澤さんの可愛らしいリアクションと鋭いツッコミで非常に盛り上がったイベントでした。

トークショーの後半にはウイルスバスターの機能や特徴といった難しい話も出たのですが、ヨッピーさんと池澤さんがユーザー目線で質問し、体験談を語ってくださった事で内容もとても分かりやすかったです。1時間30分という時間があっという間に過ぎたイベントでした。

参加者アンケート用ボタン△現地ではYes/Noボタンでリアルタイムアンケートに参加△

 
 

ウイルスは昔はイタズラ目的、今は深刻な被害が発生

トークの中でも気になったのが、最近のウィルスは感染していることをユーザーに気付かせない「ステルス型」が多く、例えばネットバンキングを利用した時にログインIDやパスワードを外部に不正流出させるなど、深刻な被害をもたらすものが増えている、という点です。

確かに10年以上前のパソコンウイルスと言えば、PC操作を邪魔するような類のものが多かった気がします。最近は年金情報流出などのニュースにもなっている通り、ビジネスや経済面にも実害を及ぼし、また個人情報が悪用される悪質性の高いウイルスがほとんどです。

ウイルス感染は気づかないうちに起きている

一昔前であれば、パソコン知識をある程度持っている方なら、ウイルス対策はそれほど心配しなくても良かったのかもしれません。ただ現在はウイルス対策は必須、トレンドマイクロ社の方も「ウイルス対策ソフトは必ず使ってください」と熱く語られていました。

当サイト管理人も格安SIMの契約を機に、AndroidスマホのXperia Z3をつい最近購入したところでしたので、「ウイルスバスター クラウド 10」をスマホと、あとメインの非光沢ノートパソコンにインストールして使ってみようと思います。

お土産にウイルスバスタークラウド10の1年版 

総合セキュリティソフト「ウイルスバスター クラウド 10」とは

2015年7月29日、Windows10の発売日と共に販売開始された「ウイルスバスター クラウド 10」の特徴の1つとして、OneDrive(クラウド)上に保存されているファイルに対し、スキャンもクラウド上で実行されるためパソコンの負荷を最小限に抑えてくれるメリットがあります。

ヨッピーさんや池澤さんから「ウイルスバスターは重いのでは?」「ファイアーウォールが弱いのでは?」といった厳しい質問も投げかけられていましたが、パソコン側に負荷をかける処理を極力クラウドで実施し、Windows標準搭載ファイアーウォールを活用することで改善を図っているそうです。

ウイルスバスタークラウド10について

本日のイベントに参加させて頂き、他のウイルス対策ソフトと比較した際、ウイルスバスターを販売するトレンドマイクロ社は365日の電話サポートに代表されるような“サポート力”、そして不正サイトをブロックする“WEB防御力”が優れていると感じました。

またヨッピーさんも話されていましたが、デジタルデバイスを利用する高齢者ユーザーを守るサービスが求められている昨今において、電話相談が受けられるデジタルライフサポート付きのウイルスバスターは今後人気が高まると思います。

ウイルスバスター クラウド 10」は無料体験版も用意されています。これからの時期は仕事や旅行、ネットショッピング、年賀状作成などパソコン&スマホの利用が増えてくる季節です。ガチでセキュリティソフトは入れておいた方が良いので、まずはウイルスバスタークラウド10無料体験版を使ってみてください。 ⇒ 期間限定3ヶ月無料体験版
 
ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ