2015年7月29日、ついに最新OS「Windows 10」が発売スタートしました。家電量販店やパソコンショップに並んでいるノングレア液晶ノートパソコンはまだWindows 10を搭載していない機種がほとんどですが、今後徐々に最新OS搭載機へと移り変わっていく予定です。

スタートメニューも復活し、使いやすさが向上していると評判のWindows 10ですが・・・「ネット通販ならまだ買える!Windows7搭載のノングレア液晶ノートパソコンまとめ」特集を掲載していることからもお分かり頂ける通り、当サイト管理人は「Windows 10」ではなく『Windows 7』を搭載したノングレア液晶ノートパソコンの購入を、次の3つの理由からオススメします。

【1】Windows 10の動作確認が取れていないオンラインサービスが多い

ジャパンネット銀行やソニー銀行、そして地方銀行などはまだWindows 10での動作確認が完了しておらず、ユーザーにWindows10を利用しないよう呼びかけています。セキュリティや安全対策をしっかり行っている銀行サービスから動作確認OKの案内が出るまでは、念のためWindows 10の利用は控えた方が良いのでは、というのが管理人の考えです。

また周辺機器やソフトの中には、Windows 10にまだ完全に対応していないものも少なからず存在するようです。自分がメインで利用しているオンラインサービスや周辺機器、PCソフトがWindows 10にアップグレードしても問題なく動作してくれるかを確認してから、OSのアップグレードを行われることをおすすめします。

【2】仕事の作業効率が落ちてしまうリスクがある

Windows 7を搭載したノングレア液晶ノートパソコンを仕事用途に使っているので、新しいOSにアップグレードするとしばらくは操作になれるために時間を要する事が予想されます。ヒマな時であれば良いのですが、仕事が忙しい時期に作業効率を落としてしまうのはできれば避けたい所です。

もしWindows 10にアップグレードするのであれば、取引先も休みになり急な仕事が降ってくる可能性も低くなる年末年始のお休みや春休み等の連休を選びます。個人的には来年2016年のゴールデンウィーク(4月末~5月頭)にかけてWindows 7からWindows 10にアップグレードしようと計画しています。

【3】そもそもWindows 7を使っていればこれから1年間はWindows 10に無料でアップグレードできる

Windows 7を搭載したノングレア液晶ノートパソコンを利用している場合、これから1年間(来年の7月頃まで)はいつでも好きな時に無料でWindows 10にアップグレードできます。これが1か月間しか無料アップグレードできないのであれば話も変わりますが、1年間の猶予があるのであれば何も急いで今すぐにアップグレードする必要はありません。

利用しているサービスの動作確認状況を見極め、仕事での作業効率が多少下がっても大丈夫な時期を選んでWindows 10にアップグレードするのが、最も賢い選択肢ではないでしょうか。それに来年になったらもしかしたらWindows 10.1が出ている可能性もあります。1年間の猶予を最大限に活かしたいと思います。

以上、ノングレア液晶ノートパソコンのOSは「Windows 10」ではなく『Windows 7』をオススメする理由でした。新しいノングレア液晶ノートパソコンの購入を検討されている方は、「ネット通販ならまだ買える!Windows7搭載のノングレア液晶ノートパソコンまとめ」特集をぜひ参考にして頂ければ幸いです。